大阪・ミナミで笑顔に自信がもてる矯正歯科を見つける

難波で評判の矯正歯科をランキング!HOME » 難波の矯正歯科で受けられる治療メニュー » 裏側矯正

裏側矯正

いくつかある歯科矯正治療のうち、ここでは裏側矯正の特徴について解説していきます。

人目につかない「見えない」矯正治療

裏側矯正とは、歯の裏側に矯正装置を着ける治療方法。表に着ける「見える治療」に対し、いわば「見えない治療」といえるでしょう。

表側矯正の装置がきれいなアーチ型のワイヤーを使用するのに対し、裏側矯正の場合にはキノコ型のワイヤーを使用。これは、「マッシュルームアーチ」と呼ばれています。

料金的には表側矯正に比べ高くなってしまいますが、見映えがまったく異なります。

しかし、歯の内側に装着するため、以前は違和感から敬遠する人も多くいたようです。ですが、最近は「カスタムメイド型リンガルブラケット矯正装置(インコグニート)」などの治療法が確立され、この裏側矯正の欠点も克服されつつあります。

インコグニートとは、1997年にドイツで開発された完全オーダーメイドの矯正装置。

接着剤が少々で済む特徴があるので、極めて薄く装着でき、違和感が大幅に軽減されています。

また、従来の裏側矯正では難しかった「S」の発音も、装置が極薄であるため舌がうまく使え、限りなくきれいに発音できるようになっています。

そのほか、ワイヤーやゴムを使わない矯正装置「セルフライゲート」を取り扱っているクリニックもあるので、自分のニーズに則した装置を選ぶようにするとよいでしょう。

裏側矯正でおすすめの難波の矯正歯科

  • 岡崎歯科…大阪市浪速区幸町1-3-19
  • 大阪矯正歯科グループ難波院…大阪市浪速区湊町1-2-3

難波でおすすめの矯正歯科医院ベスト5はこちら>>